敵意がないことを伝えよう

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。

 

今回は発達障害の方が苦手だけど、非常に効果のある、嫌われずに済む方法についてお伝えします。

 

一般的に発達障害の方は、表情の変化が乏しいとされています。
もちろん全員がではありません。

 

そのため、

・「 怒ってるの? 」
・「 話し面白くない? 」

 

などと言われるのですが、表情に出ないだけで、決して楽しんでいないわけではありません。

 

そういった誤解を解くためにも、笑顔の練習をしましょう!

 

笑顔の練習と言うと一見難しそうに聞こえますが、要は口角を上げる練習をするのです。
鏡の前ですると効果的です。

 

慣れるまでは毎朝、鏡の前で”ニコッと”笑って見るのです。

 

最初はぎこちなくても、それっぽく笑えるようになります。

 

◯敵は茶番センサー

「 なんでそんなことせなあかんのん? 」
「 嘘くさいやん! 」
「 別に俺、おもろくないし 」

 

と斜に構えたいわゆる”茶番センサー”が働くかと思います。

 

「 なんでごきげんみたいなん取らなあかんねん 」であったり、

 

「 わざとらしくてキモっ! 」

 

と思うことです。

 

集団からはじき出されないために、コミュニケーションを学ぶ上で、100難を打ち消すのが、この

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
笑顔
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

なのです。

 

学校や会社という組織に馴染めず悩むくらいなら、笑顔の練習をした方が”得”ですから、試しにやってみて下さい。

 

その効果にきっとあなたも驚くはずです。

 

こういった

・見えない通貨としてのコミュニケーションで損する人、得する人

・会社や学校のルールは書いてあるものだけとは限らない

・雑談はスキルです!

等、細かいコミュニケーションスキルを学ぶことが出来るので、是非こちらを読み、疑問点があれば、こちらの無料質問会に参加してください。

 

日時:2018年7月7日(土曜日)13時~16時

場所:オンラインのため、通話もしくはzoom。

準備物:PCかスマホがあれば、その他のものは不要です。

参加費用:無料

お申込み先

→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMusnks

 

ご予約の枠が埋まり次第、募集ページを締め切りますので、少しでもお子さんの発達障害の改善にご興味がある方は、お時間を作ることをオススメしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です