「将来のこと」カテゴリーアーカイブ

発達障害とゲーム依存

精神科医が推薦するADHD克服カウンセラーの舩曳です。

平成 23 年 5 月にアメリカ精神医学会から発刊された『精神疾患の診断と統計
の手引き第 5 版』(DSM-5))において,「インターネットゲーム障害」が今後研
究が進められるべき精神疾患の一つとして新たに提案されました。

毎回書いていますが、ゲーム依存=発達障害ではありません。因果関係を示すものではないので、その点はご了解下さい。

ただ以下の点でゲーム依存と発達障害は密接な関係があったり、ベースに発達障害がある子にゲーム依存が発症すると、不登校や出社拒否などに繋がりますので、それも含めてご説明したいと思います。

発達障害の特徴とゲーム依存

発達障害の特徴の1つでもある

「こだわり」

「マイペースさ」

とゲームは非常に相性がいいです。ましてや、クリアしたら快楽物質が、出来なかったら悔しくて課金をさせる仕組みを、ゲーム開発者側は、ストーリーより何より、そこをゴールに作成しているからです。

・面白い
・対人戦闘要素がある
・課金を促す

これが鉄板のゲーム会社の思考です。
もちろんこうなったのは、

「スマホゲームって無料で遊べるのが当然でしょ?」

みたいな時代になったため、やむを得ない措置とは言え、フォートナイトなどはゲーム依存を引き起こす元凶として、会社自体が訴えられています。

さて、話を戻して、発達障害は

「一度はまると、寝食を惜しんでとことんやる(=過集中)」

「見通しが持ちにくい(=何時に寝ないと翌日の学校や会社に間に合わない)」

「終わりにするのが苦手」

という特徴があり、ひどい場合は、取り上げられると癇癪を起こす。
それが嫌で親御さんは今まで放置をしてきたという経過もあります。

一日のリズムが崩れれば当然、朝起きれなかったり、眠い状態で登校するので学校でずっと寝ているなど、世間常識的にご本人にとって重要なものが逆転し、損をする方向に進むというのが問題です。

もちろん発達障害が背景になくても、ゲーム依存症になる子はなるので、僕は、自制心を持ってからゲームを知ったのか、自制心を持つ前にゲームを知ったのかという成長過程や、あるいは環境的に親もゲームが好きで、夜中にゲームを親がしているのを子どもが見ているのかという家庭環境因も影響しているとは考えます。

基本的には、

【その子のゲーム依存はどこから来ているのか】

をきちんと見立てることが、発達障害のゲーム依存症への歯止めを効かせる第一歩になります。

これらのことから、発達障害で自由にゲームが出来る、Youtubeが見れる環境にあると、発達障害の特徴のために、治療には一工夫必要だということはまず知っておいて下さい。

ゲーム依存は治るのか?

治ると言えば治りますが、かなりエネルギーが要ります。
上記したように、

1.正しい見立て
2.適切な環境
3.親御さん自身の甘えの排除(子どもはダメだけど自分だけは仕事終わりだから夜中にゲームをしてもいいなど)
4.約束を破ったときのルール(罰を与えるよりは、ご褒美をきっちり回収出来るか)
5.リミットはどこなのか(○回のルール違反でゲームを破壊するなど)
6.その経済的損失の覚悟

こういったことの整理が必要です。

1.正しい見立てとは、背景に発達障害もですが、見通しという点では知的障害も視野に入れる必要があります。

例え本来は自制が出来る年齢であっても、知的理解が幼い場合は、自己コントロール出来ませんし、思い通りに行かなかった場合の癇癪の出し方も、正直うんざりすると思います。

2.適切な環境とは、枠組みです。大きくは時間と場所の枠組み。
~時まではゲームはここでならOK。寝室には持っていかない。夜中は親御さんが管理する。

それを本人任せにするのではなく、親御さんが物理的にきっちり回収し続ける。
一日たりとも、またルールの穴については、全て塞いで行く。

3.親御さん自身の甘え。これが実は相談のなかでも意外に多く、親御さんも自分を守るためになかなか深まりにくいです。子どもが就寝する時間まで働いている。そのためゲーム機の回収が完璧ではない。
深夜の親御さんのゲームを控える。

「子どもと話がこれで合うんです」

と逃げる。

4.約束破りのルールは事前に、ご本人に

「視覚的に提示しながら」

説明と、同意を求めて下さい。

決して

【言葉だけの口約束はしないこと】

です。話し合い後はサインをもらうことも意味があります。
発達障害の子はお決まりの逃げ口上として、「知らんし」「聞いてへんし」というのを使います。

こういう逃げ口上を防ぐためにも紙に書くことはある種の枠組みを作る一助になります。

5.逸脱時の限界設定
カンタンに言うと、ゲーム終了時の時間を決め、アラームが鳴るよう、設定をしておき、そのときにすぐ終われないことが、5回あれば、ゲームを破壊するとかです。

6.の経済損失への覚悟も必要です。2~4万するゲームを壊すことの抵抗はあると思いますので、売るでもいいと思いますが、現実的には、目の前で破壊した方が、子どもにとってはインパクトがあるようです。

ただそれで癇癪を起こす、翌日登校拒否や出社拒否をするなどはしてくると覚悟はしておいて下さい。

それでも粛々淡々と感情を交えずにやることがゲーム依存克服のために必要です。

これらを同時にしようと思うとかなりエネルギーが要るので、取り組むなら、全力でやらないとお互いしんどいだけになってしまいます。

ゲーム依存症番外編克服法

番外編と書いたのは、人道的に賛否両論あると思われるからです。
家庭内のしつけについては、暴力や人権侵害に当たらなければ問題はないのですが、親自身のメンタルは結構削られると思って下さい。

方法はとてもカンタンで。

「ゲームをやらせ続ける」

です。

本人の意思ではなく、学校から帰って来たらすぐにゲームをさせること、寝る時間も削ってさせること、最悪学校も(短期的に)休ませることも必要です。

「選択肢のある中のゲームが楽しいのであって、ノルマになった途端楽しくなくなる」

これは発達障害に限らず永遠の鉄板法則です。

そのため、

「本人が嫌になるまで、水分補給、軽い食事、トイレ(入浴)以外は全てゲームをさせ続ける」

泣いて叫んでも、やらせ続ける。

人間心理的に選択肢がない状況に追い込まれると、そのものを嫌いになります。

もちろん一定期間が過ぎたら忘れるので、一度やり始め、

「これはゲーム依存だな」

と診断名が付いたらとことん

【ノルマとして】

ゲームをやらせ続ける。
決して寝かせないくらいのエネルギーが必要なので、番外編と書かせてもらった訳です。

これは極端に例を挙げましたが、制限をするだけになると、徹底的な環境整備が必要です。

逆に本人が

「ゲーム嫌いになるまでさせる」

のは

「本人のノルマ」

ですから、嫌でも何でもやり続けさせるのです。

課金についてはさせない方がいいと思います。歯止めも線引も、子ども・保護者共に混乱しがちなところなので。

番外編はもう後がないというときに1つの選択肢くらいに思っていたらいいと思います。

ご家庭での環境調整がうまく行かない、抜け道がある、保護者自身の甘えも自覚している場合は、以下までご相談いただけたら、ヒントはお伝え出来ると思います。

割引クーポン付き公式LINE
https://lin.ee/3QkoQ01

#ゲーム依存
#ゲーム依存障害
#ゲーム依存症
#発達障害
#発達障がい
#ADHD
#ASD
#LD
#注意欠陥・多動性障害
#多動
#自閉スペクトラム症
#学習障害
#診断
#不登校 原因
#嘘を付く
#甘え
#親の甘え
#依存
#心理カウンセラー
#心理カウンセリング
#臨床心理士
#公認心理師
#大人のADHD
#ADHDあるある

発達障害が分かった後、我が子への関わり方はどうすべきか?

精神科医が推薦するADHD克服カウンセラーの舩曳です。

どの子、それが小中学生や成人でも言えることですが、

「早期発見に越したことはない」

とお伝えしています。

一番は早期発見

早く発見されればされるほど、ご本人も、親御さんもラクに、今後の生き方を考えて行くことが出来るようになります。

いくつか早期発見の良さと、遅くなればなるほど、困ったことになる例を挙げてみましょう。

例1)小4男児。
知的には問題ないが、文字の形を取ることや、コミュニケーションで難があり。

この方は最初お母さんが、

「うちの子への関わり方が分からない。今後勉強もどうやって付いていかせたらいいか」

ということで悩んで居られました。

困っているエピソードを聞いていくと、どうもADHDも、ASDも、LDも全ての発達障害の発達障害を持っている様子。

以前もお伝えしたように、ADHDと診断されても他のASDやLDは合わせて持っている方がほとんどです。

理解の早いお母さんだったため、

「発達障害の可能性」

「関わりのポイントとして目に見えるものを使って話をすること」

をお伝えしたところ、

・病院への受診
・心理検査
・診断名
・適切な関わり
・勉強面では一部支援学級を使い、学習保障

ということで3年ほどで、もうクラスの他と見比べても区別が付かないくらい、適応的になっていました。早期発見がうまく行った例です。

例2)中1女児。不登校歴3年
これは以前お伝えした

「私はHPSかもしれない」

と言ったお子さんです。

朝は起きているようですが、登校時になると腹痛になったり、吐き気を催すということ。
お母さんも働きに出ているため、

「完全に管理が出来ず」←ここポイント

結局学校に押し出す前には、出勤しないといけないとのことでした。

明らかにLDの症状や、しゃべると発達障害の特徴が出ており、病院受診を勧めようとしていますが、3年続いた不登校、なおかつ発達障害が背景にあると、今から普通に登校することは難しいように見えます。

発達障害の方は、

「一度パターン化して定着したものは繰り返す」

「そのことへのこだわりが強い」

「自分で決めることがうまく行きにくい(ため環境調整は親がする)」

特徴があります。

そのため、不登校が3年続き、なおかつ発達障害があることに気づくのが遅く、本人の甘えが見られる場合には、甘えも定着していると考えると、ここから普通に登校というのは、現時点では非常に考えにくいです。

例3)27歳男性。
関西の某有名私大卒業。父は弁理士。

しかし就活がうまく行かず今はコンビニでバイトをして生活をしている。

母子密着も強く、家に帰れば、全てが用意されている環境のため、

「一人暮らしへの魅力を感じつつも、なかなか行動に移せない状況」

と言うことが出来ます。

発達障害と分かったのもこの2年以内のことであり、ニーズがいまいち自分でも分からなくなるのか、カウンセリングに定期的に来られる期間と、ぱったり来られなくなる期間があります。

自分をある程度マネジメントすることは出来るようになったようですが、バイト先ではいいように、短時間で必要なときだけ使われているため、月収が安定していないように感じました。

発達障害の子にどう関わるべきか

まずご本人に自覚のある場合と、子どもでも親御さんと関係が取れる状態にあり、素直に話が出来る、この状態のときには、ちょっとした関わり方1つで改善することが随分多いです。

例えば
・視覚化支援(目に見える化して話をする)
・やったことのご褒美とやらなかったときの結果を明確にする(因果関係の理解)
・パターン化するまで定着すれば、歯磨きをするかのように継続可能

です。

逆に
・話し言葉だけで理解させようとする(途中でお互い何の話をしているか訳が分からなくなる)
・やった場合とやらなかった場合の結果が同じ(例えば不登校でもゲームを与えるとか)
・環境調整を親がしない。本人の自己決定に任せる。

こういう場合は一気に崩れて行きます。一般的に

「発達障害は自分で決めることが苦手であり、決めることそのものが苦痛。出来たら時間が過ぎて、文句を言う人が諦めてくれたらいい。やらないでいい方法があるならその穴を見つけたい」

と考えています。もちろん全ての発達障害がそうという訳ではなく、

「やらなくちゃいけないことは、したい、したくないに依らず、やる」

ということが癖として身についている方は、ちょっとしたコツを教えたら、自分でやり始めます。
知的に高いタイプにこの考え方が出来る人は多いです。

いずれにしても、

【早期発見】

【早期療育】

は発達障害を紐解く上でのキーワードです。

もし手がかりが分からない場合は、いつでもお気軽に公式LINEにまでご相談下さい。
公式LINEはコチラから追加して下さい。
https://lin.ee/3QkoQ01

#発達障害
#発達障がい
#ADHD
#ASD
#LD
#注意欠陥・多動性障害
#多動
#自閉スペクトラム症
#学習障害
#注意力持続しない
#診断
#不登校 原因
#嘘を付く
#すぐバレる
#HPS
#甘え
#依存
#心理カウンセラー
#心理カウンセリング
#臨床心理士
#公認心理師
#大人のADHD
#ADHDあるある

【半額キャンペーン最終日!今日24時で終了です!】お急ぎ下さい!

【 発達障害で月収250万(年収3000万)になる方法 】
明日からはいよいよ、新年度ですね。支援者として新しくスタートを切る方、また保護者としてお子さんに良いスタートを切らせてあげたい方には必見です。

さて、当事者の方から、

「 僕の適職は先生から見て、何だと思いますか? 」

「 私は一生細々と暮らして行くしかないんですかね? 」

と質問をされたとき、あなたはどう答えますか?

AIが登場し、定型発達の人の職業すらも50%は奪われてしまうかもしれないこの時代、上記のような質問を受けたら、あなたはなんと答えるでしょうか?

「 オレも自分のことで精一杯なんだよ! 」

「 発達障害はコミュニケーションある職場苦手やから、人と関わらない定型作業に就きなさい。楽だから 」

「 うん、我慢するしかないで。年金と足らずは生活保護でやっていこ 」

そう答えますか?

そもそもの質問、

「 障害者は夢を追っては行けないのか? 」

という、本質をついたものになっています。

某りんごのマークの故CEOも、某電球の発明家も、某ほうきに乗って空を飛ぶ魔法を使える映画の主人公の主演も、

「 発達障害らしい 」

と言われていますね。日本では、モデルの栗原類が母親と一緒に、

「 自分は発達障害である 」

とカミングアウトしました。

こんな時代に、

「 障害者だから、夢を諦めろ 」

というのはナンセンスとしか言いようがありません。

一方で、根拠なく、

「 先生はお前の夢応援しているからな 」

と訳の分からない趣味で食っていけると本気で思えますか?

ということで、それらに対する、あなたなりの答えを持っておくことは絶対必要です。

その上で、今回はたたき台になるものを、この本の中で取り上げています。

が、実は今日でキャンペーン、最終日なんですね。

コンテンツには自信があるので、24時を回ったら通常価格(4,980円)に戻します。半額で手に入るのは今のうちだけ。

臨床心理士として、発達障害支援件数毎年延べ1000人、相談実績が7500人の中から生まれた本当のノウハウをこちらからお受け取り下さい。半額キャンペーンは今日で終了です。

◆特典1 半額キャンペーン
4,980円→2,480円で販売します!

◆特典2 15万円プレゼント
発達障害に限らず、誰でも(それこそお読みのあなたも)合法的なお金の稼ぎ方を載せたマニュアルが記載されています。

◆特典3 削除済み

通常の半額で手に入るこのキャンペーンの間にご購入下さい!
これをお読みの方が保護者の方であるなら、支援機関でご購入するよう、おすすめ下さい。

2,480円で手に入るのは今だけです!
ご購入はこちらから(スマホからでも読めます)
https://amzn.to/2TPh1kC

【アマゾンKindle初めての方へ】
今回の本は電子書籍になります。
そのため、スマホやタブレット、パソコンで読むものです。

アマゾンKindleというアプリ(無料)をダウンロードすると読むことが可能です。

こちらを参照して下さい!
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page/ref=amb_link_2

特典を一つ、今日中に削除します!

[発達障害の方に出会いが欲しいと言われたら?]

発達障害の方は、対人関係に対して、両極端なニーズを持っていたり、逆に

「 人のことは嫌いだけど、輪の中に入りたい 」

という一見矛盾したようなニーズを持っている方も居られます。

カウンセリングで関係性が深くなってくると、

「 僕は”出会い”が欲しいんです 」

と相談を受ける場面がよくあります。

完全に人嫌いの場合はその限りではありませんが。

・当事者の会
・発達障害支援センター
・就労移行支援事業所

など色んな出会いの場はあるのですが、少し想像してみて下さい。

「 お互い、コミュニケーション下手同士で、良好な関係を築けるのか 」

いかがですか?中には我が強くて、こちらを蔑んだり、見下したりする人がいることが想像出来ませんか?

また、中には既婚であったり、夫婦関係が破綻しかけの発達障害当事者の方から言われる”出会い”は少し意味合いが違って、

「 異性との出会い(あわよくば恋愛や性の対象としての) 」

を求めていることも、実はまあまああるのです。

特にグレーゾーンの方が、こういうことをおっしゃる傾向が高いように感じます。

さて、そういったとき、あなたが支援者ならどうお答えしますか?

なかなか難しい質問だと思うので、

「 レッツシンク!(3年A 組見てた人だけ笑ってくれたらOKです(笑) 」

もちろん、その回答もこちらでは、お答えしています。
https://amzn.to/2TPh1kC
関係性が深くなれば、リアルで訴えて来られますよ?いや、本当にマジで。
そのとき、あなたは支援者として、ちゃんと向き合って答えられますか?

「 無理やから諦めろ 」

と伝えますか?

さてさて、いよいよ半額キャンペーンは明日までですが、個別相談出来るLINE@特典は今日で削除します。やはりこの価格、個別相談って一番コストかかるんですよね。でも言い換えたら、それは

【 あなたが一番得をする特典 】

に他なりません。

「 今後、個別相談する可能性があるかも 」

と思う方は、是非今日の間に手に入れて置いて下さい。
24時を回ったら特典を削除します。

臨床心理士として、発達障害支援件数毎年延べ1000人、相談実績が7500人の中から生まれた本当のノウハウをこちらからお受け取り下さい。今日までキャンペーンで3大特典付きです。

◆特典1 半額キャンペーン
4,980円→2,480円で販売します!

◆特典2 15万円プレゼント
合法的なお金の稼ぎ方を載せたマニュアルが記載されています。

◆特典3 発達障害情報特別LINE@にご招待(今日まで限定です)
個別に相談出来るLINE@へご招待いたします。

是非3大特典が手に入るこのキャンペーンの間にご購入下さい!
これをお読みの方が保護者の方であるなら、支援機関でご購入するよう、おすすめ下さい。

2,480円で手に入るのは今だけです!
ご購入はこちらから(スマホからでも読めます)
https://amzn.to/2TPh1kC

【アマゾンKindle初めての方へ】
今回の本は電子書籍になります。
そのため、スマホやタブレット、パソコンで読むものです。

アマゾンKindleというアプリ(無料)をダウンロードすると読むことが可能です。

こちらを参照して下さい!
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page/ref=amb_link_2

発達障害の問題行動の正しい改善の方法とは?

「 この子の問題行動(不登校、窃盗、性的逸脱行動など)を治して欲しいんです 」

こういうご相談もかなり多いです。

発達障害の問題行動の背景には、

【 誤学習 】

というものが関係しています。

誤学習については本の中身でご確認下さい。

じゃあ、その誤学習を

「 強く叱ったら治るのか 」

「 カウンセリングを受けたら治るのか? 」

と言われると、改善はするかもしれませんが、ほんの微々たるものです。

なぜなら、本のサブタイトルでもある、”営業”という点で、

「 当事者にはニーズが全くない上、注意される相手を避けるようになるから 」

です。

そのため、正しく改善をするには、実はちょっとしたコツみたいなものがあります。

それは仕組みを理解するととてもカンタンに治っていくのですが・・・

そこは読んだ方のみの特典なので、ここでは書きません。

代わりに、やはり本を購入するとき、分かりやすいのは目次ですよね?判断材料にされている方も多いと思います。ということで今回は目次の紹介です。

もくじ

第1章:間違えたフォームを直すのは難しい – 5 –
(1)私は不幸である – 5 –
(2)間違えた対応とは – 7 –
(3)SSTを受けるメリット – 8 –
第2章:基礎知識編 – 11 –
(1)発達障害とは何か? – 11 –
(2)診断のために用いられる心理検査 – 27 –
(3)3つの症状が重複する原因 – 29 –
第3章:SSTが向いている発達障害 – 32 –
(1)本来のSSTとは – 32 –
(2)SSTに向いていない発達障害ADHD – 34 –
(3)服薬後のADHDへのSST – 38 –
(4)自閉スペクトラム症(ASD)のSST – 39 –
第4章:マインド編 – 41 –
(1)発達障害に関わる際のマインド – 41 –
第5章:行動分析編 – 51 –
(1)メモリが小さいことをちゃんと理解する – 51 –
(2)行動分析 – 53 –
(3)パフォーマンス・マネジメント – 55 –
(4)ターゲット行動の設定の仕方 – 61 –
(5)習慣化 – 69 –
(6)テクニック – 70 –
(7)事例紹介 – 73 –
第6章:生活管理編 – 78 –
(1)物の管理 – 78 –
(2)スケジュールや先の予定の管理 – 87 –
(3)行動が変わる伝え方 – 97 –
(4)決まりごと – 99 –
第7章:コミュニケーションスキル編 – 103 –
(1)発信と受信 – 103 –
(2)発信スキルの伸ばし方 – 103 –
(3)受信スキルは確認をすることで二度聞く – 109 –
第8章:生計編 – 115 –
(1)就労編 – 115 –
(2)大金を稼いでいる発達障害の多い業界 – 123 –
第9章:出会い方編 – 136 –
(1)「出会いが欲しいと」言われたとき – 136 –
(2)目的をはっきりさせる – 137 –
(3)オンライン(ネット)での出会い方 – 139 –
(4)異性との出会い – 142 –
(5)出会い系アプリ攻略 – 146 –
第10章:最後に – 150 –
(1)なぜこの本を読んでもらいたかったか – 150 –

本の中ではきれいに整っているのですが、
少しズレたのはご容赦下さい

いかがでしょうか?
あなたが知りたい内容が入っていますか?
今回はリンクを消していますが、本物は、目次からそのページに飛べるリンクを貼り付けています。

「 紙の本の方が好き 」

という方が居ることも知っていますが、本と異なり、目次からクリックで、目的とするページまでひとっ飛び。

「 あれ、どこに書いてあったっけ・・・? 」

と探すような手間も全く不要です。出来るだけ使いやすい工夫を盛り込みました(今後バージョンアップするかも?)

内容も濃くしすぎたので、後半になればなるほど、普通の出版社では書けない内容です。またここまで公認心理師や臨床心理士で書ける人も(プライドなんかがあって)ほぼ居ないと思われます。

はっきり言います。

【 普通に手に入る発達障害当事者への支援SSTとは比べ物になりません 】

臨床心理士として、発達障害支援件数毎年延べ1000人、相談実績が7500人の中から生まれた本当のノウハウをこちらからお受け取り下さい。今だけキャンペーンで3大特典付きです。

◆特典1 半額キャンペーン
4,980円→2,480円で販売します!

◆特典2 15万円プレゼント
合法的なお金の稼ぎ方を載せたマニュアルが記載されています。

◆特典3 発達障害情報特別LINE@にご招待
個別に相談出来るLINE@へご招待いたします。

是非3大特典が手に入るこのキャンペーンの間にご購入下さい!
これをお読みの方が保護者の方であるなら、支援機関でご購入するよう、おすすめ下さい。

2,480円で手に入るのは今だけです!
%%画像5028572%%
ご購入はこちらから(スマホからでも読めます)
https://amzn.to/2TPh1kC
【アマゾンKindle初めての方へ】
今回の本は電子書籍になります。
そのため、スマホやタブレット、パソコンで読むものです。

アマゾンKindleというアプリ(無料)をダウンロードすると読むことが可能です。

こちらを参照して下さい!
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page/ref=amb_link_2

発達障害の問題行動はどうして身についたのか?

普通であれば、言ってはダメなことを言う、暴力的な言動、困ったらすぐ逃げる、こういった問題行動(不適応行動)は、保護者や先生からきっと注意されてきたはずです。

しかし、やったら怒られることを、今も継続してやり続けている。
今この本やタイトルに興味を持たれたあなたは、

「 そもそも、その行動ってなんで身についたのか? 」

と思いませんか?普通なら、注意を受けることで、問題行動は消えるのではないか?
それって発達障害なら全員同じ問題行動を出すものなの?と思うはずです。

発達障害当事者の課題ともなりますが、この問題行動を身につける経過には2つの理由があるのですが・・・

実はこの問題行動をいかに身に着けたのか、ちゃんと理由を説明出来る方や本は非常に少ないです。

時間が経過すると、当事者の問題行動はますます大きくなり、対処もしにくくなるのですが・・・

とりあえず2つの理由について、それぞれヒントを出しておきますね。

1つは、

『 当事者はその問題行動を身につける【必要があったから】』

もう1つは

『 時間 』

です。

実際その答えは全て本の中に載せさせていただきました。

学校の先生や、放課後デイの勉強家のスタッフや、就労支援事業所で働く謙虚な方たちからは、

「 この本を知ってよかった 」

「 今までは知らなかった発達障害の特性と対処法が理解出来た気がする 」

とのお声をいただいています。

3大特典も魅力的なようで、

「 これだけの質の内容を2,480円なんかで販売していいんですか? 」

というご心配の声もいただくほどです。

もちろん直接支援をする心理職、特に公認心理師や臨床心理士になりたてで経験が浅い方にも喜んでもらっています。

どこでもお読みいただけるよう今回はあえて、Kindle版にしました。すぐにダウンロードし、受け取ることが可能です。
今回はご購入いただける方に、1週間の期間限定(そのうち一つは6日目に削除します)で発売キャンペーン3大特典をお付けすることにしました。

◆特典1 半額キャンペーン
4,980円→2,480円で販売します!

◆特典2 15万円プレゼント
合法的なお金の稼ぎ方を載せたマニュアルが記載されています。

◆特典3 発達障害情報特別LINE@にご招待
個別に相談出来るLINE@へご招待いたします。

是非3大特典が手に入るこのキャンペーンの間にご購入下さい!
これをお読みの方が保護者の方であるなら、支援機関でご購入するよう、おすすめ下さい。

2,480円で手に入るのは今だけです!
ご購入はこちらから(スマホでも読めます)
https://amzn.to/2TPh1kC

 

【アマゾンKindle初めての方へ】
今回の本は電子書籍になります。
そのため、スマホやタブレット、パソコンで読むものです。

アマゾンKindleというアプリ(無料)をダウンロードすると読むことが可能です。

こちらを参照して下さい。
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page/ref=amb_link_2

アマゾンから出版!

前回お伝えした、

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【禁断】発達障害の問題行動への修正SST:
支援のプロを名乗るなら、まず営業上手になりなさい
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

が、ついに今日から販売開始となります。前お伝えしていた「大手出版社」とは

【 アマゾン 】

です。そのため、すぐにダウンロードし、受け取ることが可能です。
今回はご購入いただける方に、1週間の期間限定で発売キャンペーン3大特典をお付けすることにしました。

 

◆特典1 半額キャンペーン
普段は4,980円で販売予定ですが、それを今回は半額(より少し安い)2,480円で販売します!
情報量の濃さと、絶対他の出版社からは出せない内容も書かれているため、この価格での販売は清水の舞台から飛び降りました(笑)。

 

◆特典2 15万円プレゼント
本の中身に一部触れるのですが、実は発達障害の方だけではなく、一般の方も知らない、当然合法的なお金の稼ぎ方を載せたマニュアルが記載されています。

 

◆そちらから15万円をお受け取り下さい。副業としてもばれない金額が稼げます。
慣れると1日5分ほどで3万円はすぐに稼げます。本を買うと10倍儲かるヒミツ、あなたも是非読んで確かめて下さい。
これは、「発達障害の自分はどうやって働いたらいいのか?」その答えにもなるものです。発達障害当事者の生き方に関わるヒントになります。

◆特典3 発達障害情報特別LINE@にご招待
普段のご相談の中で多い質問への回答や、発達障害当事者と関わる時のマル秘ポイント情報の配信、また個別に相談出来るLINE@へご招待いたします。

是非3大特典が手に入るこのキャンペーンの間にご購入下さい!
これをお読みの方が保護者の方であるなら、支援機関でご購入するよう、おすすめ下さい。

2,480円で手に入るのは今だけです!
ご購入はこちらから(スマホでも読めます)
https://amzn.to/2TPh1kC

 

【アマゾンKindle初めての方へ】
今回の本は電子書籍になります。
そのため、スマホやタブレット、パソコンで読むものです。

アマゾンKindleというアプリ(無料)をダウンロードすると読むことが可能です。

こちらを参照して下さい。
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page/ref=amb_link_2

販売開始します!

やっと審査が通ったので、出版社名も言えます!
アマゾンからKindle版で、
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【禁断】発達障害問題行動への修正SST(ソーシャルスキルトレーニングの略)
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
が発売になりました。
 
めちゃくちゃ相談を受ける、先生や支援員からの質問に対して、アンサーをまとめたものになるので、現場で活用しやすいものとなっています。
 
本来20時に発表ですが、HPをお読みいただいている方にだけ先行で情報提供しますね!
購入はこちらから出来ます。
 
半額キャンペーン実施中。
https://amzn.to/2TPh1kC

発達障害支援の禁断マニュアルが大手出版社から発刊されます!

あなたに発達障害支援者用テキスト、

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
【禁断】発達障害の問題行動への修正SST:
支援のプロを名乗るなら、まず営業上手になりなさい
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

を、やっとお届けすることが出来るようになりました。

この本は発達障害を持つ当事者に読んでいただくより、発達障害の支援者に読んでいただきたい本です。この本を読むことで
・発達障害の基礎的な理解
・それを知らないことで起こっている問題行動(本文中では不適応行動と統一表記)
・早期問題解決
・後の問題行動減少
これらが分かった上で、

【 問題行動のマネジメント 】

が出来るようになります。
臨床心理士として、発達障害支援件数毎年延べ1000人、相談実績7500人の中から生まれた本当のノウハウを全て注ぎ込んだこちらをお受け取り下さい。

200ページオーバーの分量がありますが、読みやすくするため、フォントサイズ大きめ、行間も読みやすくしました。発達障害者の支援と実績のノウハウ全てを盛り込んだため、分量増えました(笑)すみません。その分読みやすい文体になっていると思いますので、ご容赦下さい。

明日とある大手出版社から発行されるので、しばらくお待ち下さいね。

大阪地震に学ぶ発達障害の避難対策【震災対策】

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】臨床心理士の舩曳です。

 

この度の震災に際し、皆様にお見舞い申し上げます。

 

さて、今回の地震で改めて、発達障害児童の保護者の方にとって、避難のために出来ることのお問い合わせが多数あったため、この場でまとめてお伝えしたいと思います。

 

守るべきルールは最小限にすること

発達障害のお子さんに、『逃げるときにはまとめておいた荷物を持って』であるとか、『枕元に靴を置いておくから、それを履いて逃げること』『もし、はぐれたらどうやって連絡するか』など複数のことを、

 

【いざというときのこと】

 

を伝えることは、かなり難しいです。

 

というのも、

・頻繁にないこと

・いざというときの【いざ】という基準

・そもそもそんなに多くのことを覚えておくこと

そのものが発達障害を持っているお子さんにとっては、判断に迷い、苦痛を伴うことです。

 

そのため、大原則として、ご本人の中に災害時に覚えておかなくてはならないことは最小限にしておくことが必要です。

 

今回は災害前の避難訓練的な準備と、実際災害後のことについて、発達障害の特徴と合わせて、説明をしたいと思います。

◎災害の前に(準備)

先程もお伝えしたように、災害が起こったときに、ご本人が覚えておくことは最小限にしましょう。

 

また、避難訓練をたくさんすればいいというものでもありません。

 

というのも、避難訓練をしたとしても、それを遊びにしてしまうことも多々ありますし(学校場面でよく聞きます)、それがいざというときに、ご本人としては、「訓練は訓練」と思ってしまっており、実際の地震の揺れなどの際に、パニックを引き起こしてしまうこともあるからです。

 

そのため、起こり得る災害に対して、発達障害のお子さんはメモリが小さいことも考慮すると、1つないしは2つの指示で、成り立つことを覚えさせるための仕組みが必要です。

 

・・・ここまで読んでいただけた方にはお分かりかと思いますが、実際の災害場面では、1つ2つで対処出来ることはほとんどありません。

 

ということは、どうしたらいいか?

 

 

ポイントは2点です。

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

・本人と一緒に避難用バッグを用意する。

・中に本人の情報と、指示書を入れておく

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

ようにしましょう。

避難用バッグを一緒に用意することには、少しでも中に何が入っているのかの確認をすることが出来るからです。

 

例え後で忘れてしまっていたとしても、避難用バッグの中身を一緒に準備した体験は、中に何が入っているのかを思い出すきっかけになる確率を高めてくれます。

 

また中に入っているものを、周りの大人に必要以上に頼る必要が減らせることに繋がります。

 

別に持っているものを周りの大人から分けてもらうこと自体は問題ないのですが、それが後からその大人に【お子さんが持っているものをねだられた】と思ってしまわれると、避難時など緊急事態においては、いい結果にはつながりにくいです。

 

そして個人の情報ですが、

 

・本人の名前

・保護者の名前

・保護者の携帯番号

・祖父母など違う地域の電話番号

・住所

 

などの個人情報は基本変わらないものなので、クリアファイルなどにまとめて入れて置きます。

 

その他、上記が必要になるのは保護者であるあなたとはぐれた後であることが多いと思われますので、何度もその紙を使うことを考え、折り畳めるようにするのではなく、クリアファイルなど形が崩れにくいものに入れておくようにしましょう。

 

火災の場合、地震(や津波)の場合、などに場合分けし、それぞれにイラスト付きで(今はネットでイラストはたくさん見つかります)、対処法を書いておきましょう。

 

また場面一つとっても、外出先、自宅(親不在)の場合、自宅(親在宅)とで対処法は異なるでしょう。

 

となると、おそらくですが、避難時の対処法としての準備マニュアルは少なくとも数枚~小冊子くらいの大きさになると思われます。そのくらいの準備は必要だと言うことをまずは認識しておきましょう。

 

◎災害発生後

実際、災害が起こってしまった場合、一緒に逃げられる状況にあるのか、それとも、場所的に離れた場所なのかによって、お子さんへの指示は変わってきます。

 

ここは、あえて【指示】という単語を使っています。

 

臨機応変さが苦手な発達障害のお子さんにおいては、都度都度判断をさせるというのは、うまくいくことがあるかもしれませんが、多くの場合において、難しかったり、ストレスがかかることです。

 

例えば自宅で夜中に地震が起こったなら、1つずつ指示を出してあげて下さい。

 

・足元に割れたガラス等が予測される場合には、まず『靴を履いて』と指示をしてあげます。パニック等で本人だけでは難しいようであれば、代わりに履かせても構いません。

・避難用バッグを準備しているようであれば、それを持ってどこで待機をしておくべきか伝えます。

・その間に他の子どもがいるのであればその対処を、ご自身の避難用バッグ等があるのであれば、それを取りに行く、などお子さんへの指示以外のことをしましょう。

・ポイントは1つずつ明確にすることを伝えることです。

 

緊急時において、上記したような理由で、瞬間的に判断したり、臨機応変に対応することは、本来発達障害のお子さんにとっては、苦手なことです。

 

訓練等で改善されていることがあったとしても、本質的には苦手なことであるため、【出来ない前提で】動いた方が、保護者としては気が楽だと思います。

 

明確な基準でお子さんが取るべき行動を示してあげてください。

 

生き方改革塾でもお伝えしているように、行動分析を保護者もマスターしておくと、お子さんの行動コントロールは楽になります。

 

また最悪のシチュエーションというのも、緊急時においては非常に想定しにくいものです。

 

もしかしたら、『お母さんが戻ってくるまで、ここで待っているのよ』とスマホを持たせていたら、

 

ご本人はのんきにスマホでゲームをしている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

なんてことも在り得るのです。

 

普通ならありえないようなことが起こる可能性も考慮しながら、感情的にならずに、出来るだけ

①誰が見ても

②客観的で

③測定可能な(見て分かる)

行動を指示してあげて下さい。

 

繰り返しになりますが、複数の指示を伝えるのではなく、伝える指示は1つか2つです。

 

たくさん言いたくなるとは思いますが、お互いの命を最優先に考えるならば、1つの指示だけを守ればいい状況を作って行きます。

 

まとめ

 

そして最後になりますが、災害時に一番怖いのは、油断や保護者ご自身がパニックを起こしてしまうことです。

 

慌てず、焦らず、でも急ぐこと、そのためには上記したような、普段から準備をしていることが、災害時の緊急場面で出るということを理解しておいて下さい。

 

疑問点等はいつでも右上のお問い合わせから、お尋ね下さいね。

 

・普段から準備をしっかりとする

・指示書を読めば分かる状況にしておく

・保護者自身が落ち着く

・お子さんに与える指示は1つしか入らないと心得る

発達障害の治療と支援【生き方改革塾】

子どもの才能を伸ばそうと必死になっていませんか?

発達障害の改善と支援 生き方改革塾臨床心理士の舩曳です。

 

こちらのカリキュラム内でもお伝えしていますが、発達障害のお子さんの生きやすさを考える上で、<みんなの平均値>を目指そうと、出来ないところを伸ばそうとするよりは、<自分にしか出来ないところ>を目指す方が楽なことは、親御さんには是非知っておいてもらたいたいことです。

 

今回は「じゃあうちの子の才能はどうやったら見つけられるんですか?」ということについて話したいと思います。

 

才能が芽生える環境

発達障害の有無に関わらず、全てのお子さんに言えることですが、

 

<興味を持ったこと>

 

から芽生えることが多いです。そのことがあまりにも好きすぎて夜も眠れない、そんな環境でこそ才能は芽生え、そして目覚めます。

 

そのため、親御さんの『これに目覚めて欲しい!』という思いだけで関わると、そのことにお子さんがなかなか興味を示さない、そんなことも起こりえます。

 

発達障害の方の才能が目覚めやすい方向性

とは言っても、お子さんがしたいことを与えてばかりいると、保護者としては受け入れ難い、ゲームや本人だけが理解出来るファンタジーの話しであったり、正直将来性に価値を見出しにくいものに夢中になったりします。

 

例えばその職業に就ければいいですが、鉄道に興味を持つ場合とかですね。

 

それまで周りとのコミュニケーションが苦手だったお子さんにとって、新しいコミュニティでも同じ興味を持つ人との出会いとしては、鉄道はありだと思いますが、これが職業であったり、何か価値を生み出すかと言うと保護者としては、『今だけ楽しければいいじゃない』と思えないところが、本音だと思います。

 

話を戻しますが、発達障害のお子さんの才能が目覚めやすい方向性とは、

 

<パターンが決まっているもの>

 

です。ゲームも自分だけのファンタジーも鉄道も、ある程度パターンが決まっているから、発達障害のお子さんにとっては面白いのです。

 

お子さんによっては、数学に興味があり、暇さえあれば問題を解いていき、数学オリンピックにまで至るようなお子さんも居られますね。

 

逆に

 

<臨機応変さ>

 

を要求されるものは苦手なわけです。そのため、もしその方向に進んで欲しいというものがあるなら、まずはその分野が<パターン化出来るものであるかどうか>をまずは考えて見て下さい。

 

特に、将棋や囲碁などは、手の先は無数に枝分かれしていますが、パターンが繰り返すものです。その先は数千、数万の手に分かれているとしても、瞬時にそのパターンの中から最善手を引き出せるのが、発達障害の一番の得意分野なのです。

 

将棋や囲碁だけに限らず、パターン化出来る、かつ生産性の高いものも世の中にはありますので是非見つけてみて下さい。

 

我が子の才能をどうやって開花させるか

一番はその領域に興味を持ってもらうこと。ただ、押し付けられるのは本来嫌いなのが発達障害の特徴です。

 

そのため、発達障害の治療と支援 生き方改革塾では、ご本人に選択の幅は与えつつも、保護者が『これに興味を持ってもらいたい』というものを、お子さんの環境の中に置くように進めています。

 

私ごとですが、私は本と、集中力トレーニングが身近にありました。

 

そこで速読やIQを高める訓練のようなもの(IQを高めるとは書けないので)を受けました。

 

結果本を読む速度は分厚いハードカバーの本なら3時間ほど、薄い文庫なら30分前後で読むことが出来るようになりました。

 

ちなみにこれは、同じことを発達障害の治療と支援 生き方改革塾のカリキュラム内で実践方法と一緒にご提供させてもらっています。

 

大事なことは、<これだけ!>という方法ではなく、いくつかこの分野で才能開花してくれたら嬉しいなと思いつつ、複数の選択肢を示すことです。

 

そうすることで、一旦は自分が興味を持ったものだからということで取り組むようになります。

 

またお子さんが興味を持ったことから始めてもいいと思います。

その場合でも、与える教材(本になることが多いと思います)をコントロールすることで、才能の方向はある程度コントロール出来るようになります。

 

もちろん伸び伸び子どもらしく、好きなものに興味を持ったものでという教育方針も素敵だと思います。

 

ただお子さんのしたいことだけが、その家族の幸せかというとそのあたりの判断は悩むところではないでしょうか?

 

そういった場合も入塾前相談でご相談いただけますので、詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

発達障害のコミュニケーション改善の基本的な考え方

発達障害の改善と支援の生き方改革塾 臨床心理士の舩曳です。

 

発達障害の方の支援をする中で、「発達障害は脳の中枢神経系の機能不全による」という言葉はどこかで目にされたことがある言葉だと思います。

 

原因不明だが、一部回路が機能していない状態ということですね。

 

そんな中、やはり気になるのが、「この発達障害の状態は変化しないのか?治らないのか?」と聞かれた際、こういった説明をよくしているので、お話したいと思います。

 

脳の機能不全とは何か?

非常にシンプルに言うなら、本来繋がっているはずのところが、繋がっていない。あるいは、本来繋がってはいけないところが繋がっているということになります。

 

分かりにくいところもあると思うので、この図を見て下さい。

この図のように脳の中には、コミュニケーションに関するAとBという回路があるとします。

 

発達障害が全くない方は、このAとBが直結します。

発達障害を持っている方は、この回路が繋がっていません。

では、回路が繋がっていない状態(あくまで表現上、回路が繋がっていないと表現しています)であることが分かったら、どう対処したらいいのでしょうか?

 

他の経路を探す

例えば、今11時現在、大阪駅に居て、1時間後の12時までに、難波の高島屋に行かないと行けないとします。

普通に行けば、20~30分あれば大阪メトロの御堂筋線で余裕を持って行ける距離です。

 

しかし今日はマンが悪く、列車事故で御堂筋線は全線運転を中止しています。

 

そういう状況になったとき、みなさんならどういった対応をしますか?

 

「行かない?」「諦める?」「先方に列車都合で遅れそうな旨を伝える?」

 

色々な行動が考えられると思いますが、上記のように御堂筋線の復旧目処がいつになるか分からない状況であれば、JRで行く、東梅田まで歩いて谷町線に乗り、南森町で乗り換え、日本橋から歩くなど、

 

【他の経路を探す】

 

はずです。

 

はい、列車の事故による遅延と例を挙げましたが、発達障害の治療、改善にはこの考え方が必要です。

 

列車が今現在不通であることが分かった=診断で発達障害があり、脳に機能不全があることが分かった

原因は不明だが、そのルートでは予定時刻にたどり着けないことが分かっている=繋がっていない回路をどうこうするよりも迂回路がないか調べる必要がある。

実際に他のルートを選択して、動き始める=トライアンドエラー

 

通っていない回路を考えるよりは迂回路を考える

今の時代は便利なものでスマホが1つあれば、遅延があることも、場合によっては迂回路の提案もスマホ自体がしてくれます。

 

今回はコミュニケーションの困難さが、脳の機能不全になるなら、他の機能を使って、迂回路を作ればいい!と思いませんか?

 

無理に繋がっていない回路にこだわるよりは、多少時間はかかるかもしれませんが、早めに動き始める、予め困難に出会ったときにはこうするとルールを決めておき、ただその通りに動くだけで、発達障害の方の、突発的な自体が苦手というしんどさからは随分解消されることになります。

直接A→Bに行けないなら、A→C→D→E→Bにたどり着けさえすればいいのです。

そういう考え方のもとに作り出されたのが、

 

発達障害の改善と支援カリキュラム 生き方改革塾

 

です。

 

カリキュラムは今Webページに入れてもらっている最中ですが、カリキュラム自体は完成しているので、すぐにお渡しすることが可能です。

 

特にコミュニケーションの改善と、他では真似出来ない速読カリキュラムで本人の得意なことを伸ばしたり、自分の考え方を出来るようになるカリキュラムとなっています。

 

以前はまあまあな金額で販売させてもらっていたのですが、今回はかなり価格を抑えてご提供することが出来ました。

 

ただし人数制限を設けさせてもらっています。

こちらからご確認下さい。