発達障害の治療は生き方改革塾

こういったことでお困りではないですか

  • 空気が読めないと言われる
  • 誤解されやすい
  • 話が長いと言われる
  • 終わりにすることや切り上げることが苦手
  • 片付けや整理整頓が苦手
  • 同時に並行して作業をこなすことが苦手
  • ちゃんと確認したのにミスや忘れ物が多い
これらは発達障害の特徴の一部ですが、もちろん、これらに当てはまるから発達障害、ということではなく、こういった困り感をお持ちの場合、あなたが楽に生きるために、お手伝い出来ることがあるということをお伝えしたいと思います.

こんなアプローチで解決します

Approach 01

苦手なところ、得意なところが分かるようになる

人には誰しも得意なところや苦手なところがあります。それらを知ることはとても大事なことです。得意なところは自覚することで、全力でそのことに取り組めるようになります。苦手なところは克服出来るところはトレーニングで克服、どうしても難しいところは「こう手伝って欲しい」と伝えることで、他人との軋轢を減らせるようになります。

Approach 02

自己理解から他者理解へ

先程お伝えしたように、自分の得意・不得意を理解することもですが、ご自身の性格が周りからどう見られやすいかも把握しておくに越したことはありません。能力のせいなのに、性格のせいにされることは、ご本人からすると大変しんどいことです。ご自身の特徴を適切な言葉で説明出来ることにより、周りとのよい関係を生み出せるようになることは、お子さん自身の自信の形成に繋がります。

Approach 03

自己理解から他者理解へ

ご自身の能力やADHD、ASDの特徴を詳しく知ることで、まずは適切な能力の伸ばし方がご理解いただけると思います。それを実際に形にするのが生き方改革塾のカリキュラムです。最適とは、「ご本人の伸び代を最大限引き出すこと」。是非生き方改革塾を通して最高のパフォーマンスを発揮出来るようになって下さい。

生き方改革塾の3つの特徴

  • コミュニケーションスキル向上により、楽な人との付き合い方が分かります。
  • あなたの能力を引き出します。「苦手な分野の克服、得意なところで勝負」
  • 視野が広がり、楽な生き方が手に入ります。

受講者の声

  • 私が受講を決めたのは、息子の作品の発表の場を作ってあげたかったからです。
    HPやブログをやってみたいという気持ちはあったものの、どう作っていいかわかりませんでした。カリキュラムではマニュアルやチャットなどのしっかりしたサポートがあり、ブログの書き方などをアドバイスして頂けたので、思った通りのHPを立ち上げることができました。
    今、HPを息子と運営していますが、以前はYoutubeやブログなどを、“見る側”だったのが、“見せる側”の目線になったことで、息子は真剣にネットと付き合うようになったと思います。共通の話題があるので会話も増えました。
    不登校から学校へ行くようになったばかりでしたから、こういう活動が学校生活に支障をきたすかもしれないという不安はありました。でも、逆にHPの運営で作品を人に見せるという自信を付けた息子は、学校生活で勉強などにも意欲的に取り組むようになって良かったです。

  • 私は塾に入ってから、相手とのコミュニケーションの本質で気をつけることや、伝えるために必要なこと、また相手に私の商品をほしいと思わせる方法などを習っています。
    最初は上手く出来なかったのですが、途中で苦しくなったり、しんどくなったり、考えられなくなるとすぐに諦めて投げてしまう癖が、有りましたが、先生の指導で癖が改善して諦めないようになってきました。
    先生は私の考え方、視線と全く違いますので、アドバイスが的確で助かっています。
    また先生は根気強く付き合ってくれ、少しずつですが、相手に「すごい!」と思ってもらえるくらいまでトーク力や説得力が増しました。
    扱っている商品も売れるようになってきています。
    またビジネスの根本を丁寧に教えてくれるので、何から始めたらいいのか分かりやすいのも、その特徴だと思います。
    先生の考え方やあり方をこれからも学びたいと思います。

講師プロフィール

臨床心理士。日本心理臨床学会正会員、大阪府臨床心理士会正会員。心理の専門家としての相談実績は延べ5000人を超える。
高校教員免許1種。セミナー講師歴12年。名門塾講師歴7年の経験を持つ。

メディア掲載実績

お悩み解決の専門家JIJICO

心理カウンセリングのプロとしてコラム掲載中。人間の行動を科学的に分析し、パフォーマンスが上がる行動分析学をマスターし、またマインドマップを自在に操り、内面を視覚化することにも長けている。

読売新聞グループ マイベストプロ

読売新聞グループ マイベストプロ心理の専門家としても掲載中です。

生き方改革塾からのメッセージ

はじめまして! 生き改塾長 臨床心理士の舩曳(ふなびき)です。この世で親である以上、誰もが「子どもの能力を伸ばしてやりたい」
という気持ちを願わない人はいないでしょう。
しかし、この気持ちとは裏腹に、ただ至上命令のごとく「勉強しなさい!」と一日に何度言っていることでしょう。
勉強と言っただけで、全ての子どもは快く、机に、塾に向かっているでしょうか?
仕方なしにうるさいからと言った気持ちで、勉強に取り組んでいる(あるいはふりをしている)に違いありません。
こんな状態では、子どもの能力を伸ばしてやることは不可能と言っていいでしょう。ではどうすれば、子どもの能力を伸ばしてやれるか、それは、親が子どもをどんな環境に置いてやるかが大事なのです。
これは生き改塾のポリシーの根幹にもしているものです。子どもの成績や能力をいかに伸ばすか、それは全て環境からだと言っても過言ではありません。
生き改塾はビニールハウスになることを目的として作られた塾です。
と言っても、雨風など障害や試練から子どもを守るためのビニールハウスではありません。
トマトの原産地であるアンデス地方では、トマトを育てる時に、肥料や水分をほとんど与えないと言います。しかし、その方が果物であるかのように、トマト本来の甘さや旨みがちゃんと出てくるのです。
ここで取り上げられているトマトを我が子に置き換えて見ると、子どもとはどういう存在なのか、どのように対応すればいいのかを興味深く捉えることが出来ます。

またこのような自然農法に近い育て方をするとビニールハウスの中の温度すらも、人の手を加えなくても、トマト自身が、暑いときには水分を放出して、周りを涼しくし、水分が足りなければ、産毛のような毛を伸ばし、今度は空気中の水分を吸収して、状況に適した能力をどんどん発揮していくのです。

子どもたちの持っている真の力に早く気づいて下さい。その環境に置かれて、初めて、その力を発揮し始めるのが子どもです。

脳力(あえてこの言葉を使います)の活用とは、脳にとって厳しい環境を作るところから始めます。

もしかしたら養分や水分を与えることで、育てている農家の希望する時期に、また安定した形のトマトが提供出来るかもしれません。
しかし、そのせいで、トマト本来の甘みや旨味が抜けてしまっているとしたら・・・?親御さんや教育をする人は農家ではないのですから、形や社会に出す時期にこだわる必要はないのではないでしょうか?
与え過ぎは、養分でも、食べ物でも、おもちゃでもお金でも、かえって害になるケースが多いみたいです。それに脳力のレベルアップのための副作用のない特効薬はありません。

本来ビニールハウスはトマトの成長を促す(守る)というより、むしろ、雨を(水をやりすぎないように)防ぐために、建てられているということなのです。驚きではないでしょうか?
私たちはこのハウスのような役割が出来ればと強く望んでいます。


『根がすべて』実によい言葉だとは思いませんか。根が太く、深く、さらに広がっていれば、地上に出ている幹、枝、そして葉は今はどうあれ先で必ずよく繁った大木になるのです

子どもは本来どういう力を発揮するものなのか、何に喜びを感じ、その持てる力を使ってきたのか、またどんな力を持って(秘めて)いるのか、本当は実がなってみてからでないと分からないものです。今見守る立場で出来ることは、子どもたちが今後大きく育つためのしっかりとした【根】を生やす土壌(環境)を用意する、これだけではないでしょうか。

楽して勉強が出来るようになる(能力が開花する)秘密は、“そんなバカな!”と思われることの中に、どうやらあるみたいですね。

有効だと思って与えている肥料や農薬が、その時は効力があっても、後では取り返しのつかない問題を引き起こしたりもしてきています。
本来子どもはその内部にものすごいエネルギーを秘めているし、問題解決能力も持っており、その分可能性に満ちています。
ですから、そこに火をつけ、燃やし続けていけばよいだけのことなのです。